効果的なアドボカシーの秘訣

Publications
#5032.15

効果的なアドボカシーの秘訣

この出版物はあなたにあなた自身の擁護者になるための秘訣を与えます。ヒントには、準備や質問などが含まれます。記録を保持し、あなたの言語で情報を入手することは重要なヒントです。あなたの権利を知り、助けを得ることは他の秘訣です。

事前準備

ミーティングの前には、聞きたいと思う質問のリストを準備しましょう。もし、報告書、診断・評価など、あなたにとって擁護を受ける為に役立つ書類があれば、持って行きましょう。

主張しましょう

あなたにはサービスを受ける権利があり、擁護してもらう権利があります。あなたにアドバイスしたり、またそれらのサービスが受けられるよう、準備を支援する擁護団体があります。

質問しましょう

あなたが言われている事や文書で渡された書類が理解できない場合は、質問しましょう。あなたには、何が起きているのかを明確に理解出来るまで、何回でも質問する権利があります。

情報共有しましょう

もしあなたが必要なサービスを受けるために有利な情報、報告書、評価、または記録がある場合は、適切な人材やエージェントに情報共有することが大切です。また、あなたが誰にどの書類を渡したのか、記録を残しておく事が重要です。

聞く耳を持ちましょう

もしあなたがサービスを要求したり、質問した場合は、他者の応答や言い分に耳を傾けましょう。必ず質問の回答を得るようにしましょう。決定事項の理由を聞きましょう。もしポリシーや方法が引用された場合は、そのコピーをもらいましょう。

記録を残しましょう

あなたは、あなたのケースに関する記録を、出来るだけ年代順 (日付順) に残すことが大切です。もし誰かと話す機会があったら、その人の名前と職名、その人が勤務する団体名を教えてもらいましょう。  その人との会話やあなたが話した内容を手紙や電子メールで、フォローアップしましょう。回答は、手紙又は電子メールなど、文書でもらうしましょう。

主要言語

あなたは情報をあなたの主要言語である母語で受ける権利があります。アメリカン手話(ASL, American Sign Language)を含む、あなたの母語の通訳者をリクエストする権利があります。もしあなたに障害がある場合は、あなたは情報を別形式(例:拡大文字や点字など)で入手することが可能です。

援助をもとめましょう

一人でミーティングに行くのは気が引ける場合は、誰かに同伴してもらいましょう。友達、家族の一員、又はあなたのアドボケイトを帯同しましょう。たとえサポートだけの為でも、あなたには誰かを帯同する権利があります。この人が、あなたを集中させてくれます。もし代理人が必要な場合は、あなたが連絡を取れる団体、アドボケイト、もしくは弁護士がいます。紹介を希望する場合は、Disability Rights California までご連絡下さい。

情報を確認しましょう

もしあなたが言われていることやミーティングで提供されたこと、書類に署名することが良く思えない場合は、その時点で、どのような事柄にも同意するのはやめましょう。あなたには、全書類を再確認する権利があります。あなたは、署名を求められている書類のコピーを要求することが出来ます。自宅へ持ち帰り、再確認してから数日中に返却することも可能です。可能であれば、誰かに一緒に再確認してもらいましょう。同意したことだけに署名し、 不同意の内容には同書類に書き記しましょう。

権利を知りましょう

一般的に、あなたには措置を文書で受ける権利があります。また、なぜサービスが却下されたのか、なぜサービスが縮小、或いは終了されるのかという理由を知る権利があります。あなたは決定事項に対し、異議申し立てをする権利があります。あなたは常に異議申し立ての方法を尋ねるべきですし、文書で依頼しましょう。

 

 

Click links below for a downloadable version.